歯周病のメカニズムの基礎知識とその治療法

歯並びが悪くなる原因?

大半は幼少~学童期の口元の成長不良です。その他には指しゃぶりなどの不良習癖、永久歯の数の不足、骨格の遺伝などがあります。
現代は唇、歯、舌を一生懸命使う機会が少ないうえ、母親とおばあちゃんの役割不足のため年々お子さん方の歯並びは悪化しています。決して自然現象でも個性でもありません。

歯並びが悪いと何がいけない?

・歯を磨いた後も汚れが残りやすいので、むし歯と歯周病のリスクが大
・歯列の発育が不足しているので、脳と体の成長にも悪影響がある。
・同時に顎が歪んだり、かみ合わせも悪くなることが多いので、不定愁訴の発生
(不定愁訴:頭痛、腰痛、うつ傾向、顎関節症、顔のゆがみなど体と心の不調)
・審美的な問題(今は進学や就職の面接時の選考項目にもなっています)
・本当なら100年以上もつべき歯が、早くに抜けて無くなる原因となります。

健康歯列矯正とは?

過去から現代でもほとんどで行われているのが見た目だけを改善する審美矯正です。
そのためには永久歯の抜歯をすることがあったり、歯を強い力で動かすため治療中は痛くて噛めない、かみ合わせは重視されていないので体と心の不調は改善されず、場合によっては新たに不調が発生することもあります。
「健康歯列矯正」は文字どおり健康で長生きできるために、人間の持つべき本来の口腔の状況に近づけながら歯並びを整える矯正法です。
大阪大学歯学部名誉教授、丸山剛朗先生の臨床生理咬合に基づく咬合是正治療を基礎として、矯正専門医である戸栗和慶先生が矯正咬合医療として矯正治療に応用した画期的な治療法です。
特徴を以下に記します。

・基本的には問題になる親知らず以外の抜歯は行いません。(非抜歯)
・顎ずれの修正をしながらの矯正なので、既にある不定愁訴は早期に改善します。
・自然な歯並び育成のため、様々な口腔の機能を改善する訓練も同時に行います。
・痛みは少ないので食べることに制限は無く、逆に今までよりよく噛んでもらいます。

矯正治療は高額なのでは?

従来の矯正より使用する器具や材料は多くなり、訓練も行いますが、終了までの総額は従来の矯正料金と同じで90万円前後です。治療期間が3~4年になるので、分割でのお支払いも可能です、残念ながら日本人は、自分と家族の健康よりも優先することが多々あるのが現状です。ある偉い先生の受け織ですが、「病気はとりあえず保険証を持参して診てもらうもの、健康は努力や金銭で獲得するもの」だそうです。

治療の流れ

治療画像 ①各種術前診査、歯の術前の処置

②KTA(顎のゆがみ改善)付拡大装置にて歯列弓の拡大
(自分で着脱可能1年~2年間)
口腔筋機能訓練の開始(終了まで随時)

③必要な拡大後すべての歯にブラケットとワイヤーの装着
(着脱不可1年半~3年間)

④リテーナーの作成、ブラケット除去
定期的なリコール